レトロな風合いが台湾にマッチする「RETRO印刷JAM」さんの台北ワークスペースに行ってきた!

レトロな印刷が可愛い「RETRO印刷JAM」さん。
大阪に大きなワークスペースがあり、私も良く利用させてもらっています。
台湾に訪れた時「絶対台北店にも遊びに行くぞー!」と思っていたので、念願叶いました。
大阪と変わらず、シンプル可愛いワークスペースで、おしゃれな印刷物が置かれていました。隅々まで写真を撮ってきたので、お店の雰囲気などご紹介したいと思います!

「RETRO印刷JAM台北」ってどこにあるの?

MRT台北駅から一駅の「MRT北門駅」から8分ほどの場所にあります。少し入り込んだ路地を歩いて行くので、初めて訪れる方は夜間は心細いかもしれません。明るい時間だったら大丈夫!

大きくSURIMACCAと書かれた壁が可愛い

大きな黒板には台湾で使われている繁体字が。レトロ印刷大阪では味わえない異国の雰囲気が、ワクワク感をかき立てました。

大きな黒板には台湾で使われている繁体字が。レトロ印刷大阪では味わえない異国の雰囲気が、ワクワク感をかき立てました。

スリマッカの値段表が貼られていました

スリマッカの値段表が貼られていました。
999台湾ドルだと、日本円にすると、およそ3800円です。これだけスリマッカグッズが揃ってこの値段だとお買い得かも!

山積みにされたスリマッカディスプレイが、シンプル可愛い!これだけ種類があれば、いろんなサイズを集めたくなりますね。

山積みにされたスリマッカディスプレイが、シンプル可愛い!これだけ種類があれば、いろんなサイズを集めたくなりますね。

遊び心のある、ポップな印刷物が可愛い。色合いも蛍光色が多くてカラフルですね

遊び心のある、ポップな印刷物が可愛い。色合いも蛍光色が多くてカラフルですね。

ワークスペースの一角には、紙雑貨が販売されていました。

ワークスペースの一角には、紙雑貨が販売されていました。
これ、ほとんどは日本のクリエイターさんが作ったものを台湾に持ってきているそうです。
もしかしたら、レトロ印刷さんで紙雑貨を作ったら、台湾で販売されるかもしれませんよ!(私も販売したい…。)

私も先日レトロ印刷さんで作らせてもらった「京都鮮魚なかじま」の名刺を置かせてもらいました

そして、私も先日レトロ印刷さんで作らせてもらった「京都鮮魚なかじま」の名刺を図々しくも置かせてもらいました。
「これぐらいの枚数だと人気で、一週間以内にはなくなっちゃうよ!」とスタッフの方に言われてしまいました。嬉しいー!もっと作って持ってこれば良かったな。

レトロ印刷やスリマッカが、台湾でも根付いていた

普段日本で活用しているレトロ印刷が、台湾でも日本と変わらず根付いていて、同じようにスリマッカでモノづくりをしている人たちにも会えて、いい刺激をもらいました!
次訪れるときは、台湾で販売してもらえるような雑貨を作って、ゆるゆると売り込みたいです。

レトロ印刷JAM TAIWAN 台灣台北店

住 所 台北市大同區延平北路一段69巷5號1+2樓
電話番号 02-2555-0778
営業時間 2:00~20:00
URL レトロ印刷JAM TAIWAN