小籠包文鳥イベント情報

昭和の日本みたい!日本の演歌が流れる、まるでスナックのような排骨飯が美味しいお店「東一排骨総店」

台北駅付近で、ちょっと変わったごはん屋さんに行ってみたい!と調べていたら見つけた「東一排骨総店」

エリー

店内は台湾の料理屋さんでは珍しく、フロアーが本当に広い!
昔の大きなスナックやパブを改装して料理屋さんにしたんじゃないかと思うような雰囲気にテンションが上りました。

老若男女問わず、色んな人が訪れていた「東一排骨総店」

場所は、台北・北門の近く。
大きな自動ドアをくぐると、お店のお母さんが出迎えてくれました。

先に料理を注文してお金を払うシステムです。
入るなり何を食べようか迷ってしまいましたが、やっぱりお店の名前にもある通り「排骨」は食べたいですよね。

メニューは非常にシンプル。
私は今回排骨飯 150元(およそ600円)を注文
カッコ書きの麺・乾麺は、ご飯か麺かで選べるのかな、麻油雞飯もめっちゃ気になります。

なんだか日本にいるみたいで不思議な感じがしました。
台湾で言うレストラン的な立ち位置なのかなと思っていたら、一人で来られている方もいてちょっと安心。

台湾でもないし日本でもないこの雰囲気、お店のBGMはなぜか日本の演歌でした。

注文してすぐに排骨飯がやってきました!
この量にして600円はかなり豪華ですよね。

ごはんはただの「白ごはん」ではなく上にキャベツやもやし、そぼろなどがかかっていてこれがとっても美味しかったです。にんにくが効いていて、ごはん単体でも大満足です。

排骨は豚のスペアリブの唐揚げ。またこの付け合せのきゅうりも美味しい〜!
このお皿に1枚乗せの排骨はかなりのボリューム。
衣はサクサク、お肉はジューシーでほんのり甘くてピリ辛でした。

なんだか珍しかった豆腐とお上げのお味噌汁。
台湾のお味噌汁って甘いんですが、メニューの雰囲気が日本の定食みたいだなぁと感じました。

美味しい排骨が食べたい、大きなお店でゆっくり食べたいって方には本当にオススメのお店。
似た場所などない!唯一無二のお店のあり方を見せつけられ、心もお腹もいっぱい満たされました。

お店に入ると本当に異世界!料理は美味しいし居心地もいいし、大満足のお店だったよ。

エリー

小籠包文鳥

台湾の料理屋さんは小さいお店が多いからあまりゆっくりできないけど、ここなら休憩もしつつご飯も食べれるピヨね!
東一排骨総店

営業時間 / 10:00~20:00
住所 / 台北市中正區延平南路61號2樓
FB / 東一排骨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です