台北、バリスタチャンピオンがいるカフェFikaFikaCafe(フィカフィカカフェ)で美味しく贅沢な時間を過ごしたよ

ずっとずっと前から訪れたくて、台北行くときはいつもマークしていたのですが、時間の関係上後回しし続けて2年、待望のカフェに訪れて参りました!

エリー

カフェの場所は「MRT松江南京駅」近く。
この辺りは駅を北上すると行天宮があったり、ジューシーな鵝肉で人気な阿城鵝肉があったり、観光スポットとしても栄えている場所。

台湾の「商売の神様がいる行天宮」に行って切実にお願いしてきた。

それにも関わらず、ゆっくりする時間が見つけられなくて、後回しになっていたFikaFikaCafe(フィカフィカカフェ)さんにようやく行くことができました。

お店に入ると、美味しそうな珈琲の匂いに包まれて、ついつい長居したくなる空間。

この日は午前10:30ぐらいにオープン。開店の20分後に入店したのですが、もうお客さんで大賑わいでした。
平日にも関わらず、この人の多さに愛されているカフェだなぁと、つい頬が緩みました。

20191209 DSC02913 min

テラス席でまったりする人、友達とモーニングする人達に私も紛れてみます。ドキドキ。

20191209 DSC02917 min

お店の正面、ガラス張りには「ノルディックロースター2013チャンピオン」の称号が記されていました。

20191209 DSC02918 min

入ってみるなり、メニューがわからなくてさらにドキドキ。
無事お目当のものを注文できるのかな。
困り顔の私に、店員さんが「Japanese?」と聞いてくれたので、大きく頷くと日本語のメニューを取り出してくれました。

20191209 DSC02920 min

ちょっと見にくいかもですが、キューブラテ(アイス珈琲のキューブをミルクで溶かして飲む)や、あまり見かけないコーヒーレモネードなど、珍しいメニューがいっぱい並んでいました。

20191209 DSC02921 min

台湾といえば、やっぱりお茶。どれも全部飲んでみたかったけど、今回はせっかくバリスタチャンピオンのお店に来たのだから、珈琲を頂くことにしました。

20191209 DSC02924 min

ショーケースには美味しそうなスコーンやパンが。

20191209 DSC02926 min

ケーキももちろんありましたよ。しっとりしたチョコケーキが苦めの珈琲に合いそうですね。

20191209 DSC02930 min

白地に木目が北欧風なカウンター。本格的な珈琲マシーンが多数並び、次々珈琲が注がれていきます。

20191209 DSC02936 min

店内の至る所に、珈琲豆やドリップコーヒーなどが販売されていました。

20191209 DSC02938 min

珈琲豆の種類も豊富だし、家で手軽にフィカフィカの味を楽しめるって素敵ですよね。

甘々じゃない程よい苦味のカフェラテと、香ばしいピーナツバターベーグルが優しい気持ちにさせてくれた

20191209 DSC02940 min

こちらはカフェラテ150元(およそ600円)。カフェの平均価格帯でいうと、割と高めかなという印象。でもこの滑らかな泡とグラデーションを見るとまさに芸術品。納得のいく価格でした。

20191209 DSC02946 min

20191209 DSC02951 min

本格的なラテアートを見たのが初めてだったので、思わず「オォー!」と言ってしまい、いろんな角度で写真を撮りました。
香りがすごく良かったので、冷めないうちに…と頂きました。

20191209 DSC02956 min

そしてこちらは、ピーナッツバターヌテラベーグル120元(およそ480円)
カリッカリのベーグルに濃厚なピーナッツバターが余すとこなく塗られていて、こちらもとても美味しい。

パンの甘さを、カフェラテの苦味が中和してくれていい相性でした。
午後は込み合うそうですが、午前中は程よく空きもあり、ゆっくりとしたブレックファーストが楽しめると思います。

FikaFikaCafeさんのFacebookで、メニュー表を見つけたので(後ろの方に日本語表記あり)、事前に確認しておくのもいいかもしれませんね。

帰り際に店員さんが「美味しかったですか?」と聞いてくださって、「真的很好喝!(本当に美味しかったです!)」と満面の笑みで言ってしまいました。言葉あってたかな…笑

有名なカフェのお店だから、敷居が高いのかなと思ったら、店員さんみんなフレンドリーで優しかったんだよ♡

エリー

小籠包文鳥

珈琲も美味しいし、お店の空間も素敵だし、人気カフェ店になるのも納得ピヨね(•ө•)!!

FikaFikaCafe(フィカフィカカフェ)

営業時間 / 8:00〜21:00

住所 / 台北市伊通街33號一樓

サイト / FikaFikaCafe | Facebook