台湾式ハンバーガー刈包(グアバオ)よりもふかふかで美味しい!「饅飽 MAN BAO」に行ってきた

エリー

MRT中山駅と雙連駅の間、ここには小日子のショップや台湾スイーツ、カフェなどおしゃれなお店が立ち並びます。

この辺りは「赤峰街」と呼ばれ、昔ながらの古い建物をリノベーションした、おしゃれなショップが多いんです。

今回訪れた「饅飽 MAN BAO」もその一つ。包子料理をメインにしたカフェに訪れるのは初めてなので、どんなお店だろうとドキドキ。

友人2人で営業している「饅飽 MAN BAO」は明るくアットホームなお店だった

真っ白なタイルに大きな窓、風通しの良い雰囲気に温かみのあるこの「饅飽 MAN BAO」の看板。
あとから聞きましたが、オーナーさんの一人がデザイナーをしているそうで、このロゴも作られたそう。

20190109 DSC08513 2 min

窓に描かれたアートも「私が描いたんだよ〜。」と教えてくれました。

20190109 DSC08516 2 min

外帶(ワイダイ → テイクアウト)のメニューも。ドリンクがすごく充実していますね。

20190109 DSC08519 2 min

店内はカウンターが3席とテーブルが1席ありました。
可愛いアメリカンな雑貨と木目調の家具が温かみがあって居心地よくて、ついつい長居してしまいそう。

20190109 DSC08522 2 min

壁にかわいいイラストを発見。
オーナーさんが「これ日本人の友だちが描いてくれたんだよ、似ているでしょう。」と嬉しそうに教えてくれました。

「本当!似ているね、可愛いね。」と返事。
オーナーの2人はとっても明るくて、丁寧に色々説明してくれました。

ちなみに私は中文は全然話せません(笑)。
オーナーさんたちは中文と英語で…。
お互い共通言語を持たないけれど、ボディーランゲージと少しの中文で色んなお話をしました。

20190109 DSC08521 2 min

思わずカメラを構えたくなるぐらい店内はおしゃれ。
さすがデザイナーをされているオーナーさん、隅々まで抜かりなくお店の雰囲気が作り込まれていました。

20190109 DSC08525 2 min

店内ばかり撮って、肝心のメニューを撮り忘れていましたが、バーガーとサラダ、ドリンク付きのセットメニューが4種類ほどありました。

オーナーさんがメニューを持ってきてくれたとき、バーガーの種類を一つ一つ教えてくださいました。そして「ソーセージ玉ねぎバーガー」が食べたかったので、そちらを注文。

調理中もこちらを気にしてくれて「1人で台湾にきたの?どこから来たの?」といろいろお話をしてくれました。すごくフレンドリーな2人のオーナーさん。

お店のロゴの刻印がとっても可愛い「饅飽 MAN BAO」のバーガー

20190109 DSC08533 2 min

そしてこちらが注文したバーガーセット「ソーセージと玉ねぎのピーナッツバター味」。
ピーナッツバターとソーセージって合うんだろうかと最初不安でしたが、美味しさにびっくり!

20190109 DSC08535 2 min

きれいな断面をお見せできなくてすみません。
ふわふわ包子にピーナッツバターが溶け込んで、それをソーセージと玉ねぎがアクセントとして味に締まりを出している感じ。

20190109 DSC08536 2 min

見てください〜!
本当にふわふわもちもちなんです。

食後の珈琲も、お店で焙煎しているので深みがある美味しさでした。帰り際に私の名刺をお渡ししたら「ブログに書いてね〜!」と笑顔のオーナーさん。

「うん!絶対書くよ!日本の友達にここのお店紹介するからね。」とお店を後にしました。

ふわふわもちもち、台湾の昔ながらの食べ物「包子」がこうやって斬新な味付けで、今も色褪せることなく、若い人たちに受け継がれていくんだなと感慨深かったです。

おなじみosmo pocketで撮影してきたよ


爽やかな空気感、ゆっくり流れる時間をぜひ動画で感じてみてくださいね。

エリー

「饅飽 MAN BAO」のバーガーも美味しかったけど、オーナーさんたちとのふれあいも、とても温かくて楽しかったよ。
いつの時代でも、人と人とのふれあいは尊いぴよね。

小籠包文鳥

饅飽 MAN BAO

営業時間 / 10:00 〜 19:30(月曜定休日)

住所 / 台北市大同區赤峰街77巷2號

URL / 饅飽 MAN BAO