台湾の原宿と呼ばれる西門で、素朴で温かみのある台湾スイーツのお店に癒やされる

エリー

今回訪れたのは若者の街「西門」
西門エリアには、コスメショップから大きなアパレルショップまで、若い人たちに人気のお店で賑わっています。

20190108 DSC08250 min

写真は、カルチャー発信地と言われる「西門町商圈(西門のショッピングストリート)」の入り口付近。
ここは台湾で活躍する日本人ユーチューバー「三原(Sanyuan)JAPANの拠点にもなっています。

彼らの動画はよく見ていて、最初は日本人が話す中国語を聞きたくて見ていたのですが、そのコンテンツの面白さに今は欠かせないYoutubeチャンネルになっています。

話がそれてしまいましたが…(笑)

今回はそんな西門で、昔ながらの台湾の味に触れることができる「珍品養生坊(ジェンピン ヤンシェン ファン)」という台湾スイーツのお店に行ってきました。

珍品養生坊(ジェンピン ヤンシェン ファン)の老闆は、とても優しくて温かい気持ちになる

西門の大通りを少し奥に行くと、賑やかな雰囲気から一転、昔ながらの台湾の商店街に入っていきます。

「珍品養生坊(ジェンピン ヤンシェン ファン)」はその中にある路面店。
歩き疲れと人疲れをしていたので、ホっと一息。

20190108 DSC08293 min

お店の奥で仕込みをしている老闆が、優しい笑顔でメニューを聞きに来てくれました。

20190108 DSC08294 min

台湾では良く、番号付きメニューを見かけますがこちらのお店も、大きな写真に番号が割り振られていたので、安心して注文することが出来ます。

20190108 DSC08297 min

ひとまず、マンゴー豆花 60元(およそ240円)を注文。老闆が「ゆっくりしていってね。」と優しく微笑んで運んできてくれました。

染みるーー!その優しさ本当に染み入る!!

20190108 DSC08299 min

つやつやのシロップに浸かった、ふわっとした豆花。
マンゴーも甘くて美味しい。

素朴だけど、素朴が一番美味しいんですね。

老闆のお言葉に甘え、ゆっくり台湾の風を感じながら豆花と流れる時間を楽しみました。

小籠包文鳥

おい!マッタリしてないで、次の観光スポット調査して来いぴよ!
は…はい!行ってきます!!

エリー

珍品養生坊(ジェンピン ヤンシェン ファン)

営業時間 11:00-23:00 (毎週金曜定休日)
住 所 台北市萬華區漢口街二段46號
URL 珍品養生坊