小籠包文鳥イベント情報

京都の烏丸に突如現れる台湾を中心としたアジアの夜市「熱烈観光夜市」に行ってきた!

夜市が京都に出来た!と話題騒然のお店「熱烈観光夜市」のレセプションに行ってきましたよ!

エリー

京都の四条烏丸に突如現れた、まるで台湾夜市のようなお店「熱烈観光夜市」。
9月13日にオープンなのですが一足先に行ってまいりました。

オープン前からインスタやサイトの情報で、「なんだ!このお店は!!屋台があるじゃないか!!!」と話題になっていた熱烈観光夜市。

その正体を暴くべく、店内からメニューから料理まで隅々見てきたので、レポートしていこうと思います。

あらゆるところに台湾・アジアが感じられる熱気ムンムンな雰囲気「熱烈観光夜市」

阪急烏丸駅を降りて、歩いて10分ほど。烏丸通の一本筋の入った路地に熱烈観光夜市はあります。
近くにはアップル京都店があったり、かなり中心地です。

京都のはんなりとした町並みをあるいていたら、突如現れるお店のモデル「カエルちゃん」。
一瞬で異国の雰囲気が漂います。

この日は16:00〜・16:30〜・18:30〜・19:00〜の4部制で全30組の方が招待されました。
私は「店内の写真を撮りたいので、他のお客様の御迷惑にならないよう」一番早い16:00〜の時間帯に。

1組2時間ずつで入れ替えしていく感じです。

到着したらすごい行列。通りがかりの人も「何事?!」と立ち止まって見ていらっしゃいました。

店内にギュッと押し込まれた夜市屋台

店内に入って一番に目につくのはこちらの屋台の看板!
簡体字と繁体字が入り乱れ、混沌としたアジアな雰囲気がたまりません。

インスタグラムやホームページの写真で見た、夜市の看板の正体は中央テーブルの装飾だったんですね。
看板のデザインがとても可愛い!

お箸入れも取皿も、ステンレスな机も全部台湾の夜市みたい。
机に置かれている新聞の正体はあとでご説明しますね。

壁にも沢山の中華な看板やポスターが。
見ているだけで本当に楽しくなります。

机に新聞?!今まで見かけたことのないような「熱烈観光夜市のメニュー」が新しい

机に置かれている新聞のようなものはなんだろうと開けてみるとメニューになっていました。
どこまでも夜市の雰囲気が再現されていて、このアイデアには脱帽。

持って帰りたいぐらい可愛い、新聞メニュー。
デザインが本当に素敵。

メニューは台湾料理を中心に、中国・韓国・タイなどアジア7カ国の料理が70種類ほどあるそうです。
メニュー名の横に国旗が載っているので、どこの国の料理かがすぐわかります。

チーズトッポギを食べながら、バッタイをたべてナシゴレンが食べられるなんてすごいお店だ…。
これは何回もリピートしたくなりますね!

各国の美味しさが楽しめる「熱烈観光夜市」実際に注文してみた

さっそくドリンクを選びに行きます

ドリンクはほぼセルフで、自分で取りに行くスタイルです。
台湾の熱炒みたいで選ぶのが楽しい。

冷蔵庫の中もアジアが混沌。
ハングル文字や中国語、その他のアジアの文字が入り乱れています。

海外のドリンクだけかと思いきや、日本のお酒もおいてありました。
京柚子サワー・宮崎マンゴーサワーなど、全国のご当地お酒が楽しめます。

熱烈観光夜市オリジナルドリンクは、オリジナルの瓶に入っています。
カクテルやサワー以外はほぼ瓶と缶なので、そのまま飲む感じが夜市っぽいですね。

なんだか日本で見るのは珍しい気がした冬瓜茶。
韓国のトウモロコシ茶を甘くした感じがして個人的に大好きな飲み物です。


【送料無料】泰山冬瓜茶 清涼飲料 トウガン茶 台湾産 310ml×1BOX(24缶入) 中国野菜 台湾 台湾名物

 

熱烈観光夜市、看板メニューは焼き小龍包!その他の料理も食べてみたよ

熱烈観光夜市のイチオシ看板メニューは皮から手作りされている自家製の焼き小龍包(2つで385円)。

かじった瞬間、勢いよく肉汁が飛び散りました(笑)。
それぐらいジューシー!

こちらは胡椒餅(1つ350円)夜市みたいに紙袋に入って登場。

しっとりした生地の中に入っているのは大きめのニラとジューシーなお肉。
台湾で食べる胡椒餅よりは胡椒控えめだけどピリッとした感じがありました。

こちらは牡蠣オムレツ(600円)。
分厚目の卵焼きの中に、牡蠣がふんだんに入っていて贅沢。

日本で牡蠣って高いイメージがありますが、お手軽な値段でこれだけ食べれたらとてもお得ですよね。

ひと目見て度肝を抜く級の大きさ「大雞排(650円)」。
この大きさで650円はめっちゃ安い!!五香粉が効いて、台湾の屋台のお味。

あとこれだけ種類が多いお店は見たことない!と、台湾麺線の種類の多さにびっくりしました。

麺線の種類
  • 牡蠣麺線
  • 麻婆麺線
  • あさり麺線
  • ジーパイ麺線
  • イカ団子麺線

全部で6種類、各600円。結構な大きさなので1人1杯食べてお腹が膨れそう。

最後に、みなさん大好きな地瓜球(ちょっと値段忘れちゃった。)を頂きました。
モチモチで甘くて本当に美味しい〜!袋にいっぱい持って帰りたいぐらいでした。

今コロナで台湾に行けない日々が続いている私達にとって、ちょっとでも台湾を思い出させてくれる素敵な場所だなぁと感じました。

日本にどんどん台湾料理のお店が増えて、嬉しいですね。

熱烈観光夜市
2021年4月にオープン、大阪あべのハルカスにできた!日本で台湾が楽しめるお店「神農生活」
京都で台湾夜市が楽しめるなんてびっくりだよ!

エリー

小籠包文鳥

コロナがもう少し落ち着いたらみんな遊びに来てほしいピヨよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です